治療方針

治療方針

方針イメージ

1.お話しをしっかり伺います。

2.圧痛点診断法で痛みの神経を明確にします。

3.初診から1ヶ月前後は週2回神経ブロックを行います。

4.透視下で見ながら神経ブロックを行うこともあります。

5.VASスケール法、圧痛点診断法で受診ごとに痛みを確認します。

6.症状経過によっては、MRI検査および手術紹介をします。

7.帯状疱疹は発症から1ヶ月は毎日治療します。

8.脊椎圧迫骨折は、外来治療で寝たきりを防ぎます。

 

治療の流れについて

  • 問診

    現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。お話しだけで約40分かかります。
  • 診察

    圧痛点診断法をはじめとし検査をしていきます。
  • レントゲン検査・血液検査

    単純レントゲン検査、血液検査

  • 治療

    治療説明後、治療の計画をたて当日又は後日治療を行います。
  • 安静時間 
    治療内容によって異なります。長い時で約1時間の安静をとります。